塗装技術・技能の高度化を目指して活動する神奈川県工業塗装協同組合
神奈川県工業塗装協同組合

ホーム 工業塗装とは? 組合の概要・沿革 組織図・所在地 事業活動の状況 組合員一覧 入会のご案内

(神奈川県工業塗装協同組合のご紹介)


 神奈川県工業塗装協同組合は、神奈川県における金属プラスチック等の素材からなる工業製品の塗装加工を行う専業者を組合員とする協同組合です。組合は、金属塗装業の発展を目的として、県下の金属塗装専業者を組合員として、昭和38年に当初の組織である神奈川金属塗装組合として発足しました。なお、組合発足当時においては被塗物(塗装を施す対象物)である工業製品の素材は金属が主体でしたが、その後の塗装技術の発展と工業製品の多様化とともに被塗物は金属だけでなく、プラスチック、木材、ガラス等あらゆる素材に拡大していきました。このような状況の中で組合員も金属以外の被塗物を扱うことが一般化し、組合の「金属塗装」という名称が時代にそぐわなくなってきたことから、昭和61年7月、組合の名称をそれまでの「神奈川県金属塗装協同組合」から、あらゆる素材に対応できるという意味合いも込めて「神奈川県工業塗装協同組合」に変更し、現在に至っています。

 当組合は発足直後に労働省の金属塗装(昭和45年に噴霧塗装が加わる)技能検定の実施母体となり、昭和40年から、現在においても組合の主要な事業である技能検定国家試験を受託開始し、多くの金属・噴霧塗装技能士を世に輩出し、現在に至っています。また同時に、技能検定を目指す金属・噴霧塗装実技・学科講習会も開始しています。
当組合はその後、国、県をはじめ、神奈川県職業能力開発協会、神奈川東部職業能力開発推進協議会、神奈川県技能士会連合会、川崎市技能職団体連合会、神奈川県産業技術交流協会、公益社団法人神奈川県環境保全協議会、公益財団法人横浜企業経営財団、神奈川県立東部総合職業技術校、神奈川県中小企業団体中央会、日本工業塗装協同組合連合会、その他の関係団体、企業、関係者の方々などのご支援とご協力を得つつ、緊密な連携のもと、平成4年から毎年、業界の発展と組合員とその従業員の塗装技能の向上を図ることを目的として、神奈川工業塗装まつり・塗装技能コンク-ルを開催し、これまで多くの方々が神奈川県知事賞ほか多数の賞を受賞されています。
 当組合では、県内に横浜東支部、横浜西支部、川崎支部、県央支部及び湘南支部の5支部を、また組合組織としては総会、理事会のほか、総務、技術、環境保全、事業の4委員会と神奈川県工業塗装技能士会及び青連会を設けています。
 各支部はそれぞれ技術、労働、環境保全、消防等に関するセミナーの開催やレクリエーションを、各委員会は総会、理事会をはじめ技能検定、講習会、環境保全対策等の事業を、神奈川県工業塗装技能士会は、金属・噴霧塗装技能士で構成され、技能士の育成を、青連会は、次世代を担う組合員企業の後継者で構成され、後継者の育成を行っています。

 当組合は今後も引き続き、業界発展のため尽力してまいります。
金属・噴霧技能士検定講習会

講習会のご案内

金属・噴霧基礎2級技能士検定講習会

講習会のご案内

新着情報

11月08日
神奈川労働局長の「働き方改革」に向けた取り組みの要請について(お知らせ)【会員用】
10月31日
神奈川労働局からの労働保険に関するお知らせ【会員用】
09月30日
横浜市からの水質汚濁事故未然防止に関するお知らせ【会員用】
09月23日
神奈川県産業技術交流協会の管理・監督者養成講座のお知らせ【会員用】
09月23日
工業塗装大全出版のお知らせ【会員用】
09月13日
神奈川県中小企業団体中央会からのお知らせ【会員用】
09月05日
神奈川県最低賃金の改定のお知らせ【会員用】

このホームページは、神奈川労働局の中小企業人材確保推進事業の助成を受けて制作したものです。

Copyright(c) Kanagawa Industrial Painting Associaiton All Rights Reserved.